Fun! Music!!

アクセスカウンタ

zoom RSS QUENA

<<   作成日時 : 2006/09/11 23:49   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 2

画像


同じ民族楽器の木管楽器でも、ディジュよりはるかに有名なケーナです。
ケーナは南米、ペルーの伝統的な楽器ですが、サイモン&ガーファンクルのコンドルは飛んでいく等で有名になったのではないでしょうか。最近では、俳優の田中健さんが有名らしいですね。
さて、ケーナは竹に吹き口を作り、音程が出るようにリコーダーにように指で押さえたりはなしたりする穴が開いた楽器です。吹き口は斜めにカットしてあるだけなので最初はなかなか音がでませんが(尺八と良く似た吹き口です)ディジュ程ではなく、私は1日で一応音はでるようになりました。
ただ、綺麗な音を出すには結構難しいものがあります。

こんな吹き口です。

画像


私のケーナは、知り合いがペルーに行くというので、ペルーで買ってきてもらったものです。知り合い曰くプロ用らしいです。プロ用ってなにが違うのか解りませんが、シンプルなデザインと丁寧な造りでかなりのお気に入りです。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
管楽器修理屋さんの思い出
管楽器がお好きな方と交流を持てたらと、トラバをしてみました。もし、気分を害されましたら削除してください。すいません。 管楽器修理屋さんの思い出先のトランペットの記事に、真っ先にコメントを下さったリペアーマンさんのブログを尋ねましたら、管楽器の修理をしてらっしゃる方でした。そこで、思い出玉手箱の奥底から、ふっと思い出した事がありますので、これを忘れないように書いてみます。トランペットに燃え、トランペットで身を立てようとがむしゃらだった学生のころの事です。学生ですから、時々ベルをへこませたり... ...続きを見る
人生日記
2007/03/12 12:53

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
HOSSさん、こんばんは。

サイモン&ガーファンクルは好きで良く聴いていました。
コンドルは飛んで行く(EL CONDOR PASA)で使用されている笛がケーナだったのですね!
久し振りにレコードを聴きましたが、心地よい音色です^^

余談ですが、シングルサイズのレコードなのですが回転数が33 1/3でした。
また、1972年当時のレコードの価格は800円でした。
 ※全4曲収録
ZUDA
URL
2006/09/16 00:58
ZUDAさん、こんにちは。
S&G 良いですね。彼らのハーモニーは本当に素晴らしいです。特にガーファンクルが素晴らしい。
ケーナ綺麗な音でしょう。フォルクローレっていうジャンルの音楽で使用されるものです。アントニオ・パントーハの吹くケーナの音が一番好きです。特に花祭りは名曲です。
で、amazonでさがしてみると結構ありますね。ベスト版が見つかったので、右のサイドバーにリンクを張っておきます。
う〜ん、これ欲しいな。
HOSS
URL
2006/09/16 12:28

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
QUENA Fun! Music!!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる