Fun! Music!!

アクセスカウンタ

zoom RSS Materials (Nut)

<<   作成日時 : 2006/03/07 00:10   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像






















ナットは、弦と接しているのももちろんですが、適切な高さ等、正しく調整しないと弦がビビッタリ、ローポジションでの弾きやすさに大きく影響します。
材質は、一般的には、アコースティックでは、牛骨が多いようです。象牙等の高価なものを使うこともありますが、音的には殆ど変わりません。趣向品ですね。象牙より、むしろ金属系のものがサスティーンが得られたりするそうですが、音色はどうでしょうね。なんか冷たそうな気がします。
また、取り付け方でもナットの下の面がヘッドと水平なのと、ネックと水平なのとありますが、ヘッドと水平なほうが、テンション他で良いようなことを聞いたような気がします。
実際、値段の高いギターでは、大体ヘッドと水平なのが多いみたいです。
また、溝も手入れをしておいた方が良いと思われます。最近は弦が良くすべるようなコーティング材(?)みたいのが売られているみたいですね。昔は、すべりを良くするのに鉛筆でなぞったものです(笑)



画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
Materials (Nut) Fun! Music!!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる