アクセスカウンタ

2005年9月のブログ記事  >>  zoom RSS

トップへ

タイトル 日 時
Jerry Garcia
Jerry Garcia 言わずと知れた Grateful Dead (グレートフル デッド) の Leader。 って、言っても日本では、マイナーなバンドですね。 しかし、本場、アメリカでは(特にWest Coast)、偉大なアメリカンロックバンドです。 アメリカ国内では、マイケル・ジャクソンより興行収入も多く、真にカリスマバンドであり、その中心であるJerry Garcia (ジェリー ガルシア) はカリスマミュージシャンでした。 1995年に Garcia (ガルシア) が亡くなった時は、全米放送で、大統領が... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 3 / コメント 4

2005/09/28 02:06
David Bromberg
David Bromberg 実は、私は、David Bromberg (デヴィッド ブロムバーグ) の経歴等は良くは知らないのです。でも彼の音楽は良くしっており、非常に好きなミュージシャンの一人です。 もともと、バックミュージシャンとして、ギターを弾いていたのですが、Jerry Jeff Walker (ジェリー ジェフ ウォーカー) をはじめ、Bob Dylan (ボブ ディラン)、George Harrison (ジョージ ハリソン)、Norman Blake (ノーマン ブレイク)、John Hartford ... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2005/09/21 00:22
Monstar, D-18 & Clarence White
Monstar, D-18 & Clarence White 天才、そのような言葉では語りつくせない。 神に近い存在とでもいいますか、もう二度と Clarence (クラレンス) のようなギタリストは出てこないのではないでしょうか。 White Familyは音楽一家であっということもあり、幼少の頃よりギターをPlayしていた、Clarence。その後、Country Boysとしてデビュー。ただ、その名前は既に他のバンドで使われていたため、The Kentucky Colonels (ザ ケンタッキー カーネルズ) と改名。1964年に、歴史的大名... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2005/09/19 23:42
Monster & Tony Rice
Monster & Tony Rice Martin D-28は有名ですが、そのD-28の中でも世界で一番有名といわれるD-28があります。愛称はMonster。もともとClarence White (クラレンス ホワイト)が所有していたのですが、BANDの資金難により売ってしまったものを、Tony Rice (トニー ライス)が見つけだし、長い間Tonyのメインとして使用されてきました。外観の特徴としては、大きなサウンドホールとGretch (グレッチ)の指板が非常にカッコ良いです。肝心の音ですが、真にMonster。特に中音域... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2005/09/19 23:40
Kentucky & Me
Kentucky & Me 私のmandolin(マンドリン)は、Kentucky(ケンタッキー)の KM-1000です。購入はいつだったでしょうか、かなり前なので忘れてしまいました。その頃はKM-DAWG(David GrismanのMonteleoneのコピー)があった頃だと思います。一応、オーダーが入ったら製作するというモデルで、納期は約3ヶ月でした。 この、KM-1000ですが、なかなか出来がよく結構いけます。もちろん、Gibsonや個人製作されているものと比べると、ボリューム、音の厚み、インパクト等劣ります... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/09/19 23:38
Crusher & David Grisman
Crusher & David Grisman Crusher(クラッシャー) は、David Grisman(デヴィッド グリスマン) 愛用の F-5 の愛称です。 Grisman(グリスマン) と Sam(サム) の 偉大なカリスマ2人によるアルバム「Hold On, We're Strummin'」では、二人の愛用のマンドリンの愛称を曲名にした「Crusher and Hoss」なんてのがありますね。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 0

2005/09/19 23:35
Lloyd Loar & John Reischman
Lloyd Loar & John Reischman この世で最も美しい音色のLloyd Loar(ロイド ロアー)だと言われているF-5をplayするのは、John Reischman(ジョン ライシュマン)。 大袈裟ではなく本当に美しいトーンでうっとり聞き惚れてしまいます。 また、彼は誰にでも気さくに、Lloyd Loarを弾かしてくれるそうです。だからってわけじゃないですが、人柄も大変良いと聞いています。また、それが音に現れていますね。テクだけじゃこんな音はでないですよ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/09/19 23:28
Dude & Chris Thile
Dude & Chris Thile Dude(デュード)。 いわずと知れた、Dudenbostel(Lynn dudenbostel)(リン デューデンボステル) の愛称です。 Dude 使いでやはり最初に思いつくのは、Nickel Creek(ニッケル クリーク)の Chris Thile。 Dude ってGibson(ギブソン)とは違って単音がふくよかな音がします。 Chis Thileのような、クロスピッキングを多用したり、Jazzyなフレーズには とてもマッチすると思います。 さて、その Dude ですが、一... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/09/19 16:48
HOSS & Sam Bush
HOSS & Sam Bush HOSS(ホス)って、Sam Bush(サム ブッシュ)の F-5の愛称です。 写真の楽器ですね。 FLAT MANDOLIN(フラット マンドリン) といいます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/09/19 16:44

2005年9月のブログ記事  >> 

トップへ

Fun! Music!! 2005年9月のブログ記事/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる